サブスクでおすすめのクレジットカードを3つ厳選してみた!

6 min

ほとんどのサブスクサービスではシステムの関係上、クレジットカード決済の申し込みが前提であることが多いです。実際に申し込まれた方ならわかると思いますが、銀行振込にはほとんど対応していない場合が多いんです…。

だから今、このページを読まれているあなたもサブスクの登録のためにクレジットカードを検討しているのではないかな、と思うのですが悩みとしてはどうでしょう?

  • 入会費や年会費がかかるのは嫌だな…。
  • 2年まで無料とかじゃなく、ずっと無料のほうがいい
  • 会員特典もできれば豪華なものがいい
  • ポイント還元されて、有効期限のないものがいい

こういった点を懸念しているのではないのでしょうか?

かくいう私もこういった贅沢な注文を満たせるカードはないものか?と探していたのですが…サブスクにおすすめな3つのクレジットカードを見つけることができましたので紹介します。

結論からいうと、サブスクサービスにオススメなクレジットカードは、

・ACマスターカード

・JCB CARD W

・三井住友カード

この3種類です。

ACマスターカードの場合は即日発行可能、JCB CARD Wの場合は入会特典で14500円キャッシュバック、三井住友カードの場合はアマゾンで買い物をすると5倍の還元率という点が優れています。

肌が触れうことのないキャッシュレス決済は感染症対策にも有効と言われているので、非接触決済を選択する重要性を世の中の人も感じている場合もあるでしょう。そういった時に有効な点も考慮したいですよね。

ということで、今回はサブスク利用に便利なクレジットカードを3つ、オススメの根拠とともに紹介していきますので、ぜひ読んで賢く損しないカード選びの参考にしていただけたらと思います。

サブスク申し込み時のクレジットカードを選ぶときに抑えておくと幸せになれる4つの判断基準

サブスク申込時のクレジットカード選びで悩むというと…

・たくさん特典がついているものが良いのか?
・入会時の審査ってきびしいの?
・年会費初年度無料って書いてあるけど、次年度以降はどうなるのか?
・年会費が無料のものがいいのか?

まずこのようなポイントをイメージするのではないでしょうか?

いろいろあってわかりにくいですもんね、実際…。

数あるクレジットカード会社から最適なカードを選ぶためにも、ぜひおさえておきたいポイントをわかりやすく解説します!

1.サブスクサービス申し込み専用のカードを作るべき

クレジットカードの請求のメールや封筒をみても、パッと見てどこの請求が来ているのかを把握するのって結構大変ですよね。

複数カードを持っている場合はそれぞれにサブスクサービスを申し込んでしまうと、どのカードでどのサブスクサービスを利用したかわかりづらくなってしまいます。

実際に明細書が届いた時も、サブスク会社のサービス名と明細書に載るサービス名や会社名が違う場合もあり、何の引き落としなのかを把握するのがとても複雑になりますね。

だからこそ、サブスクサービスで利用するクレジットカードは専用のものに分けるべきです。

サブスク専用のクレジットカードで管理をすれば、

・どれくらいサブスクにお金をかけているのかも一目でわかる
・不要だと思うサブスクを退会するふるい分けもできる
・月々の予算も立てやすい

このように管理がしやすくなります。

サブスクサービス専用のクレジットカードなら、どこのサブスクを利用しているのか一目でわかるので使途不明な引き落としに頭を悩ませる必要もありません。

サブスクサービスを利用する時は、サブスクサービス専用のクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

2.年会費が高すぎない、または無料であること

できるだけ余計な出費を抑えて必要なサービスを利用するためには、クレジットカードの年会費は高すないこと、または無料であることが条件になります。

クレジットカードの年会費を考えずにクレジットカードを作ってしまうと、更新月に引き落とされる金額に驚くことがあるかもしれません。

クレジットカードを持つ際に気をつけるべきポイントは

・年会費は無料なのか有料なのか
・初年度年会費が無料でも、2年目以降はどれくらいかかるのか

この2点です。

年会費無料のクレジットカードでなくても、日常の買い物などで利用する機会が多い場合は還元ポイントで年会費分を相殺できることもあります。

またクレジットカードによっては特定の利用額を満たした場合、次年度の年会費が無料になる場合もあるので年会費についてはよく調べてからクレジットカードを作りましょう!

3.入会時の審査条件がゆるく、申込時からのカード発行が早いこと

クレジットカードの発行って時間がかかる…と思っていませんか?

「でも…クレジットカードって手元に届かないと使えないんでしょ?すぐ使いたいのに!」

って思うかもしれませんが、

場合によっては審査した当日に、実物のカードが郵送で届く前から使えるものも存在しているんです。

どういうことかというと…審査後にオンラインでクレジットカード番号を発行してくれるので、カードが届くまで待たなくてもすぐに利用を開始できるんです。

これならカードが手元に来るまでじっと待つ必要もありませんし、きちんと発行されているのか不安になることもありません。

入会時の審査がゆるいものを選べば、審査で時間がかかってカード発行が遅くなる…ということもないので

・入会時の審査の条件がゆるい
・オンラインでクレジットカード番号を発行してくれ、すぐに利用できる

このポイント抑えたカード会社を選ぶことををおすすめします。

4.カードの会員特典に踊らされすぎないこと

ポイント還元率が高い、カード付帯特典がついてくる…

ついそういう部分に心踊らされがちですが、目的はあくまで、サブスクサービスを快適に使うことが第一です。

例えば、ポイント還元率が高いと言っても…年会費が高かったら意味がないですよね。

カードによってはポイントの有効期間が1年程度で切れてしまうものもあるため、単に還元率の高さだけを鵜呑みにしてはいけません。

ポイントは

カードについてくるたくさんの特典を使えるかどうか

です。

特典がたくさんついているから良いカード!というわけではないので、特典に踊らされず必要なカードを作ることをおすすめします。

これらのポイントからサブスク用クレジットカードのおすすめは?

クレジットカードの選び方の4つの基準としては

  1. サブスクサービス申し込み専用のカードを作るべき
  2. 年会費が高すぎない、または無料であること
  3. 入会時の審査条件がゆるく、申込時からのカード発行が早いこと
  4. カードの会員特典に踊らされすぎないこと

この4つのポイントを抑えることが大事だとお話していきました。

これら4つのポイントを考慮した上で、弊サイト「サガスク」が心からおすすめできるサブスク用クレジットカードを3つご紹介します!

ACマスターカード

  • 最短30分で審査完了、即日発行可能
  • 年会費永年無料
  • 全国のマスターカード加盟店で申し込み可能
ACマスターカード

アコムのローン機能付きクレジットカード。

一部の自動受契約機(むじんくん)で手続きするとカードを即日発行してくれるので、すぐにクレジットカードが必要な人には嬉しいサービスですね。

即日発行ができる…ということは審査基準がゆるい、ということ。特典は多くありませんが、シンプルにクレジットカードを利用して買い物をする場合に役立つカードです。

ACマスターカードで支払いをすると、自動で0.25%のキャッシュバックがあります。

JCB CARD W

  • 39歳以下限定で年会費無料
  • 年会費永年無料
  • 常にポイント2倍、還元率は他のカードよりも2倍近く高い5.5%
JCB CARD W

若年層向けのクレジットカードなため、JCB CARD Wを作れる年齢は18~39歳という条件が付いています。しかし39歳までに入会していれば、40歳になっても年会費は永年無料のまま!

JCB CARD Wカードを今作ると…

・ApplePayかGooglePay利用で20%還元
・WEB入会で最大14,500円還元
・新規入会&クレカ利用で入会後3カ月ポイント4倍(スターバックス、セブンイレブン、ビックカメラ)

この3つの特典がついてきます。

他にもJCBが運営するポイント優待サイト『Oki Doki ランド』経由で買い物をすると、Oki Dokiポイントが貯められます。

貯めたポイントは

・商品と交換
・Oki Dokiポイントを他のポイントに移行
・キャッシュバック

の3つの方法でお得に使えるんですね。

ちなみにアマゾンでもOki Dokiポイントは利用可能。アマゾンでクレカ利用するとポイント3倍還元になります。

盗難や紛失にも手厚いサポートがついており、身に覚えのない請求に対し状況調査をしたうえで適用条件と照らし合わせて請求を取り消してくれる制度もあります。

他にも紛失してしまった場合、24時間体制を取っているのですぐに連絡が可能。さらに万が一カードの不正使用があっても、届け出日から60日前以降の損害額を補償してくれます。

三井住友カード

  • 最短で翌日営業日に発行可能
  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降も条件を満たすと年会費無料
  • 対象のコンビニやマックで使うとポイントが5倍

世界シェアNo1のVISAカードなので大体どこでも使えるのが強みの三井住友カード。

カフェ、コンビニ、薬局、スーパーとの相性が良く、日常的に使うお店でのポイント付与がなんと5倍もあります!

特別な使い方をしなくてもポイントがどんどん貯められるのでお得感がありますよね。

入会時に最大12,000ポイント還元のキャンペーン中ですが、条件としては

  • 2020年11月30日までにまでに新規入会すること
  • Vpassスマホアプリにログインすること

この2つです。

条件さえクリアしてしまえば12,000ポイントまでつけてくれる三井住友カード、太っ腹ですね。

三井住友カードの決済方法はクレジットカードだけでなく、

・各種電子マネー
・非接触で決済できるタッチ決済
・スマホやスマートウォッチ

これだけの種類があります。

ライフスタイルに応じ、使いやすい決済方法を選択できるのもポイントですね。特にかざすだけのタッチ決済に対応しているので、衛生的。感染症対策にも有利です。

カードは別の提携会社で2つ用意しておくのがベスト

これは個人的に失敗した部分です…。

自分もサブスク用のクレジットカードを発行して、いざ使おうとなったとき…ある問題点に気づきました。

それは、サービスによっては「VISAカードには対応しているけどJCBカードには対応していない」場合があるんじゃないかということ。

逆にVISAは対応してるけどマスターは対応していない、というサブスクサービスもある可能性がありますよね。

提携会社の違うカードを2つ作っておけば、ほぼすべてのサブスクサービスに対応できますし、利用したいサービスをあきらめることもしなくて済みます。

なのでサブスク用クレジットカードは提携会社の違う2種類を用意しておくといいですよ。

まとめ:サブスクにおすすめのカード3つを上手に使いこなそう!

ほとんどのサブスクサービスはクレジットカードに対応しており、サービスによってはクレジットカードのみの決済であることも珍しくありません。

サブスクサービスを利用するならクレジットカードは作っておいて損はないですよね。

ポイントとしては

・サブスクサービス申し込み専用のカードを作るべき
・年会費が高すぎない、または無料であること
・入会時の審査条件がゆるく、申込時からのカード発行が早いこと
・カードの会員特典に踊らされすぎないこと

この4点です。

上記のポイントを踏まえたうえで、サブスクサービス用のクレジットカードにおすすめなのは

・ACマスターカード
・JCB CARD W
・三井住友カード

この3種類のカードです。

サブスクサービスによって対応しているカードの種類が変わる場合があるので、JCB&マスターやVIZA&JCBなど、2つ以上のカードを作っておくことも合わせておすすめします。

この記事がカード選びの参考になりましたら幸いです!

ACマスターカード 

JCB CARD W

三井住友カード