「羊文学」を聞くならどこがいい?オススメの音楽サブスクアプリ

4 min

2012年に結成の東京・下北沢を中心に活動する男女混合のスリーピースロックバンド「羊文学」の、音楽サブスクリプション型サービス(聴き放題)への配信は既に解禁されており、今ではRec Music、AppleMusic、LINE Music、Amazon Prime Musicなど色々なサービスで曲が配信されています。

なのでCDよりもお手軽な音楽サブスクサービスを利用しようかなと考えている人も多いと思います。

しかし「羊文学を楽しめるサブスク」と言っても月額料金や内容もサイトによってそれぞれですね。

そこで結論から言うと、羊文学を聞くためのサブスクを探す目安としてオススメはこの4つです。

1.AmazonMusicUnlimited:安い料金で聴きたい人向け
2.LINE MUSIC:邦楽を沢山聴きたい人向け、無料期間が3か月あり安価なプラン豊富で学生さん向け
3.Rakuten music:音楽以外のコンテンツも楽しみたい方向け
4.AppleMusic:Apple WatchやHomePodなどを使っている人向け

次に羊文学を聞くためのオススメの音楽サブスクアプリを詳しく紹介していきます!

羊文学のサブスクの解禁状況

スリーピースロックバンド「羊文学」の楽曲は2021年2月現在の所、アルバム7枚、数シングル47曲、ハイレゾシングル12曲、ビデオクリップ2種、ハイレゾアルバム2種が発表されています(レコチョク参考)

サブスクによっては配信曲数に違いはありますが、ほとんどの楽曲を音楽配信サブスクで聞くことができます。

羊文学が聴けるサブスクサービスはどこ?おすすめ配信サービスを内容や料金を比較して解説

選び方のポイント

  • 月額料金が自分で払える範囲か?
  • サイトの配信内容が自分の求めているものと合っているか?
  • 使えるデバイスは?
サービス名羊文学の配信状況無料期間 月額料金
Spotify・楽曲数30曲30日間・無料・980円~。
LINE MUSIC・楽曲数約47曲
・アルバム7種
・MV2種
・プレイリスト2種
3か月・980円~
AmazonMusic
Unlimited
・アルバム1種
・楽曲数48曲
30日間・780円~
Apple
Music
・楽曲数46曲
・アルバム3種
・MV2枚
3か月間・980円~
AWA・楽曲数20曲
・アルバム7種
・プレイリスト1種
1か月間・980円
Music.jp・アルバム7種30日間(1780コース(1,958円)のみ)550円~
Rec Music・楽曲数約47曲
・アルバム7種
・MV2種
1か月間
・980円
Rakuten music・楽曲数44曲
・アルバム14種
・プレイリスト15種
30日間・500円~
KKBOX・楽曲数30曲
・アルバム14種
・YouTube動画1本
1か月間・自動更新プラン:980円
・90日パッケージ:2940円
Youtube Music・投稿なので無数1 か月間Android/Web:980円
iOSアプリ:1,280円
AniUta・ほぼ無し1か月間600円 
dヒッツ・楽曲数11曲
・プレイリスト
初回31日間無料・未契約ユーザーでも7日間300円500円


※歌詞表示、プレイリスト作成、バックグラウンド再生、PCでの再生など基本的な機能についてはどのサービスも出来るので、表には入れておりません。
※無料期間、価格、特典などは予告なく変更される場合があります。ご了承ください。
※音質についてはあまり気にする必要はありません。

羊文学を聞くためにどのサブスクが一番お得かといえば、LINE MUSICが筆頭にあげられます。

羊文学の曲配信をしているLINE MUSICでは、LINEアプリによるスマホ・PC・タブレットなどがオススメです。しかも無料体験3か月や学割で480円となる月額料金も魅力的ですね!

AppleMusicでは、Apple WatchやHomePodなどを使っているのならApple Musicがオススメです。

また、Amazon Echoなどのアレクサが使えるスマートスピーカーを使っているならAmazon Music Unlimited がオススメです。

他のもお得なサブスクならRakuten musicが聞いた曲数で楽天ポイントを貰えるという点が目を引きます!
1日10曲聴くと5ポイントもらえるので、そのポイントでまた聞くことができるというでお得さは見逃せません!

さらに年払いに対応しているサービスはだいたい2ヶ月分の料金を割引しているのでその点でもお得感がありますね。

Apple Musicも年払いに対応しており、他のAmazonMusic、Spotifyなどの中でも最長となる3か月の無料トライアル期間があります

CDから取り込んだ曲やiTunesで購入した曲も同じアプリで聴けるので使い勝手が良いです。またApplemusicは、iPhoneやiPad、Apple Watchなどアップル製品との相性も抜群です。

羊文学のおすすめ楽曲ベスト3

新しい音楽を聞くと「このどんなバンドだろう?」「メンバー構成は?」など頭をかすめちゃいますね!

「羊文学」は2012年に結成され東京・下北沢を中心に活動する男女混合のスリーピースバンドです。

おすすめ楽曲その1「step」

2017年リリースの1st EP『トンネルを抜けたら』、また、1stアルバム『若者たちへ』にも収録されています。

step」は、穏やかで優しい空気感漂う物憂げなギターや滑らかなベース、心を穏やかに包むクリーンで透き通った塩塚エモカの歌声とそのバックに流れる淡いコーラスが、別れというテーマでありながらも次のステップへと背を押ししてくれるような歌詞の暖かさで心を満たしてくれます。

おすすめ楽曲その2「マフラー」

2018年リリースの2nd EP『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』、また、1stアルバム『若者たちへ』にも収録されています。

マフラー」は、抑揚豊かなギターと重厚なサウンド、透明度の高いボーカルのロングトーンによって紡ぎ出される北欧の雪景色を思わせる幻想的なメロディーが印象的な楽曲です。

おすすめ楽曲その3「1999

『1999』は、2019年にリリースされた生産限定シングルです。

20世紀が間も無く終わるクリスマスに、恋人が離れていってしまったことを神様のせいだと思い込もうとする切ない僕の心情を綴った歌詞や知的な表現を感じさせる曲調が印象的です。

羊文学が好きならオススメしたい関連アーティストを3つ紹介!

「羊文学」が好きな人にオススメしたいアーティストはたくさんいますが、その中でも似たテイストでイチオシは「きのこ帝国」「リーガルリリー」「yonige」

「きのこ帝国」

ポストロックやシューゲイザーに形容されるサウンドとボーカル佐藤の中性的なボーカル、メランコリックな歌詞などを特徴。
2007年夏に結成、2008年12月から本格的にライブ活動開始。
2012年に『渦になる』でフルアルバムデビュー。

「リーガルリリー」

リーガルリリー最大の魅力はその高音域にあり、「トランジスタスタジオ」や「ぶらんこ」などリーガルリリーの透明感のある声や独特な世界観を感じさせてくれます。
2014年にVo.Gtたかはしほのか、Drゆきやまがリーガルリリーを結成。

「yonige」

yonigeの曲には恋愛がテーマになっているものが多く、その大半が実体験を元にしたものという点が女子ウケするポイントですね!

2013年結成、2015年にミニアルバム「Coming Spring」をリリース。

まとめ

羊文学を聞くためのサブスクを探す目安としてオススメはこの4つです。

1.AmazonMusicUnlimited:安い料金で聴きたい人向け
2.LINE MUSIC:邦楽を沢山聴きたい人向け、無料期間が3か月あり安価なプラン豊富で学生さん向け
3.Rakuten music:音楽以外のコンテンツも楽しみたい方向け
4.AppleMusic:Apple WatchやHomePodなどを使っている人向け

気になるサブスクのサービスは、上のサービス名を押して、「無料会員登録」すれば簡単に無料お試しを受けることができます。

この記事があなたの生活を潤す音楽のサブスク選びの助けになることを願っています!

関連記事