オフィス家具サブスクのおすすめまとめ!各社をわかりやすく比較してみた

5 min

オフィスの模様替えや、新規開設で必要な家具を購入するのはかなりの固定費がかかりますよね。

費用を気にするあまり、安いものを準備してしまうと時間が経つにつれ故障してしまうことも…。その都度購入するのは、処分費用や保管費などの面から考えるとかえって高くついてしまうこともあります。

椅子や机に固定費を払うくらいなら事業内容に費用を回したい。

とはいえ毎日使用するものなので、パイプ椅子でいいや…というわけには行きません。

・それなりの性能を兼ね備えた家具
・メンテナンスがあまり必要ない
・できればおしゃれな家具をオフィスに利用したい…

オフィス家具を準備する時はこんなところが気になるのではないでしょうか?

そんな悩みを解消するなら、オフィス家具のサブスクを利用しましょう。

本記事では固定費削減の役に立つオフィス家具サブスクについて、

オフィス家具サブスクの仕組みやサービス内容
・料金体系
・選び方のポイント
・オフィス家具サブスクを利用するメリットとデメリット

について詳しく解説していきます。

固定費削減に頭を悩ませている担当の方、ぜひご参考にご覧ください。

オフィス家具のサブスクのおすすめサービスを比較しつつ紹介!

オフィス家具のサブスクサービスを提供している会社は5社あります。※2020年11月25日現在

サービス月額料金特徴対応エリアどういう用途に向いているか
レンタルバスターズ
イスカリ 500円+税~
グリプラ 1モジュール2,500円+税~ 

期間は
3か月、6カ月、1年、2年以上から選択可能。
必要レンタル数は30品~、50品~、100品~、200品~、300品。
3ヶ月経てば途中解約も可能。
全国多量にレンタル、
期間を自由に決めてレンタルしたいなど
CLAS
110円~7260円+税2年以内の返却の場合
返却手数料発生。
レンタル品と同カテゴリ、
同点数なら一転3,000円(税抜き)
で不要家具、家電の引き取りも。
長期利用割引あり。
2年以降=50%OFF、3年以降=80%OFFになる。初代バチェラーが社長。
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県のみ長期でレンタルしたい場合
@サブスク3,000円+税/人イトーキ製のオフィス
家具専門サブスクサービス。
一人当たりイス・机・
ワゴン+人数により
収納庫・会議用テーブル&チェア・ローパーテーション・コートハンガーがセットになっている。
首都圏セットですべてを賄いたい場合
Kaggレンタル990円+税~レンタル期間2年を過ぎると無償でもらえる。
国内外ブランド正規品取り扱いあり。1ヶ月~レンタル可能。
東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県必要なオフィス家具を必要なだけレンタルしたい人向け
subsclife(サブスクライフ)500円+税~ 期間延長、買取も可能。
3~24カ月の間で1か月ごと自由に設定。災害、利用者などによる破損も会社が修理。1つの家具から新品をサブスクできる。
全国必要なオフィス家具を必要なだけレンタルしたい人向け

各サービスの特徴を見ていくとおすすめなサブスクサービスは、

・レンタルバスターズ⇒多量にオフィス家具をレンタルでき、途中解約も可能!
・subsclife⇒新品をサブスクできる!もしものときも安心できる

この2つです。


レンタルバスターズ⇒多量にオフィス家具をレンタルでき、途中解約も可能!

レンタルバスターズはオフィス家具に特化した法人向けのサブスクサービスです。

取り扱いブランドは

・UCHIDA
・イトーキ
・OKAMURA
・KOKUYO

の4大ブランド。国内ブランドのみの取り扱いなので、品質も高く安心感が違いますね。

レンタルを1ヶ月単位でも始められるチェア特化サブスクサービスのイスカリや、オフィスレイアウトそっくりそのままサブスクできるグリプラが展開されています。

レンタル期間などをまとめると

レンタル期間レンタルできるアイテム数レンタルできるアイテムの種類
1ヶ月
3ヶ月
6ヶ月
1年
2年以上
1台~300台以上チェア
デスク・事務机・テーブル
パソコン・プロジェクター
ワゴン・パーテーション
コピー機・複合機
書庫・本棚
ロッカー・金庫
ホワイトボード
陳列什器など

こんな感じです。

多量にアイテムをレンタルできるので、大きなオフィスにおすすめなサブスクサービスと言えますね。

家具以外にも内装工事や配線、電気工事なども一括で頼めるので新しいオフィスを開設・移転の強い味方になること間違いなしです。

subsclife⇒新品をサブスク!もしものときも安心できる

subsclifeは取り扱いブランドが400以上もあり、レンタルできるアイテムは10万種類以上あります。

取り扱う商品はすべて新品。

中古品が届くことがないので、せっかくレンタルしたのにすぐ壊れた…などのトラブルもありません。10万種類もアイテムがあるので、おしゃれなデザイン家具も新品でレンタル可能。

これは嬉しいポイントです。

レンタル期間は3~24カ月の間で自由に設定でき、短いスパンでオフィス家具をレンタルしたい場合におすすめなサービスです。

火災や台風などの災害や、取り扱い不注意による破損も負担なし!subsclifeが修理費用を負担してくれるので、安心してレンタルができますね。

オフィス家具のサブスクサービスの基本的なシステムについて

オフィス家具のサブスクの基本的なシステムについて解説すると

  1. ネットや電話で申し込み
  2. 見積りをだす
  3. 見積もりの内容で良ければ発注
  4. 支払い
  5. オフィスに家具が届く
  6. 返却

このような流れになっています。

利用期間が終了した後は、家具が気に入れば買取や期間延長を受け付けているサービスもあります。

このサイクルを繰り返してオフィス家具をサブスクするんですね。

オフィス家具と一口に言っても、その内容は様々。

オフィス家具のサブスクでは什器や液晶テレビ、コピー機・複合機などオフィスに必要なものの取り扱いが充実しています。

サブスクだけでオフィス内の家具をそろえることが可能になりますね。

利用料金は

・アイテムごとに月額料金がかかるサービス
・必要なアイテムがセットされた月額サービス

の2通りあるので、必要なものを必要なだけサブスクしたい場合はアイテムごと、すべてのものをサブスクでそれえてしまいたい場合はセットになっているサービスを選ぶと失敗がないでしょう。

オフィス家具サブスクの選び方ポイントを解説

オフィス家具のサブスクをする際、どうしても外せないポイントは

・月額使用料が低価格であること
・様々なオフィス家具を取り扱っていること
・破損時の取り扱い

この3点です。

固定費をおさえるためにサブスクするので、購入するより月額使用料が高くなるのは本末転倒。

商品定価以上の利用請求のないサブスクサービスを選択することをおすすめします。

オフィスといえど形態は様々。おしゃれなオフィスを目指すならおしゃれなオフィス家具を設置すべきですよね。

オフィス家具の種類が充実しているサブスクを選べば、希望通りの雰囲気を演出することも可能になります。

たくさんの人の出入りのあるオフィス。いくら大人が利用するものだといっても故障したり破損してしまうことはどうしてもあります。

破損時の取り扱いは各サービスごとに違いますが、なるべくなら全額負担などのないサービスを選びましょう。

オフィス家具のサブスクを利用するメリットとデメリットとは?

オフィス家具を購入するにしてもサブスクするにしても、メリット・デメリットはあります。

この章ではオフィス家具をサブスクするメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。

メリットは初期費用が抑えられ、資金運用の計画が立てやすい

オフィス家具サブスクを利用するメリットをまとめると

・初期費用が抑えられ、固定費削減ができる 
・月額で支払う料金が一定なので資金運用の計画が立てやすい

この点が挙げられます。

オシャレなデザイン家具をオフィス用に購入する場合、初期費用だけでかなりの高額になります。開業したばかりのオフィスの場合、そこまで固定費に運用資金をかけていられないでしょう。

もしも買ったばかりのオフィス家具に不備があって故障してしまったら、それを直す修繕費用も必要になってしまいます。

短いスパンでオフィス家具を入れ替える場合、購入してしまうとその家具の保管などでお金や場所を確保しなければならなくなります。

そういう時こそオフィス家具のサブスクを利用するのがおすすめです。

月額で支払う料金が一定なので、資金の運用計画も立てやすいことがもう一つのメリット。購入すると予算オーバーになりがちなおしゃれなオフィス家具も資金計画内で利用できます。

初期費用をぐっと抑え、事業内容に資金を回すためには賢い選択といえますね。

デメリットは…途中解約ができず、長期利用しても家具を所有できない場合がある

メリットばかりではなく、デメリットもあるオフィス家具サブスク。

詳しくまとめると

・契約途中の解約ができない場合が多い
・サービスによっては長期間利用しても、サブスクしたオフィス家具を所有できない

です。

サブスク期間中は途中解約ができないことが多いため、何らかの事情で途中解約をせざるを得ない場合は残りのレンタル期間分の使用料を支払わなければならないこともあります。

また、サービスによっては長期間サブスクしても所有できないものも。

オフィス家具を短期間でサブスクする分には問題ありませんが、年単位で使用する場合は購入してしまった方が安い場合もあります。

まとめ

月額で支払う料金が一定なので、オフィスの初期費用を抑えられるオフィス家具サブスク。

初期費用を抑えられる目的以外にも、おしゃれなオフィス家具を短期間で入れ替えができたりメンテナンスが不要であったりとたくさんのメリットがあります。

オフィス家具のサブスクを選ぶポイントは

・月額使用料が低価格であること
・様々なオフィス家具を取り扱っていること
・破損時の取り扱い

この3つのポイントです。

この選び方のポイントを抑えたうえで、おすすめなサブスクといえば…

・レンタルバスターズ⇒多量にオフィス家具をレンタルでき、途中解約も可能!
・subsclife⇒新品をサブスクできる!もしものときも安心できる

です。

賢くオフィス家具を利用するならオフィス家具サブスクですね!

関連記事